☆桔梗のまったり徒然草☆

by tenkahubu-0724

カテゴリ:詩( 15 )

生きている喜び



a0105688_1333456.jpg



   ありふれた日常の中で

   君の笑顔が気付かせてくれた

   この世界がこんなに色鮮やかだってこと

   こんなにも心躍る時間の中で

   君の視線が気付かせてくれた

   その瞳に僕だけを写し出して欲しいってこと

   ふたりの想いがひとつに重なるとき

   眩い光となってみんなの心を照らすのかもしれないね
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2014-06-28 13:38 |

☆POEM☆




         『 ひとしずく 』




      空から舞い落ちる 無数の生命に


      乾いた大地が 小さく震える


      色とりどりの花が 目の前を行き交う


      耳を澄ませば聞こえる 静かな旋律が


      いつしか心に語りかけてくる


      頬を伝う雨のしずくが 涙の跡を流してくれる




      Walk in the Rain

           心静かに過ごせるから・・・


      Walk in the Rain

           本当の自分に出逢えるから・・・



      雨はすべてを優しく包み  


            遠い記憶の中の自分が 微笑んでいた













 *梅雨で外は雨ばかり・・・そんな雨をモチーフに久々に詩を書いてみました040.gif
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2009-07-08 12:20 |

おはようございます(*^_^*)v




昨日は本当に寒い1日でしたねぇーーーーーーーーーーーーーっ(>_<)

仕事の帰りは小降りだったけど

100%雨じゃないものが降ってると寒さ倍増!!

バスに乗ってる間だけでも寒さから逃避出来て良かったです。



あんだけ寒かったのに。。。

バス停の近くのコンビニでソフトクリーム買って帰りました(笑

暖かい時に買うと溶けそうなんやもん022.gif



雨が降ってると手袋も出来ないので

手がちぎれちゃうかって思えるくらい凍えました^^;

でも、どしゃ降りじゃなかったんでホッとしてますが。




昨日ね、右上の4と5のコアセットしてもらいました。

前と違って2本の歯をアシストなしでやるのはかなり大変そうやったんで

impはもちろんのことやけど、セットの日も午前に行くことにしました。

Yさんが作って下さるMBをちゃんとセットしてもらいたいですもん

今度は文字も入れてもらえそうです(嬉




前の右下のimpの時にあんまり思ってるほど深い所まで削れなかったようで

今回はぐっと深い所までセット出来るように形成して下さるみたいです。

5の歯肉がかなり弱ってるもので

今回は浸麻をしてから削るからねって言われてます。


この時はお昼抜きで仕事になるんやろうね^^;




コアのついてた石膏もちゃんとお持ち帰りしたよん。

今回は何故か2つ!!

4と5を2回に分けてimpしはったからなんやけど。



昨日はめっちゃ忙しかってんけど

今日と明日はゆったりの予定(これ以上、アポが増えなければ....)




明日と明後日は太鼓の練習やけど

金曜日は遅くから始まるみたいで、私は....行けないかも??

何故に、こんな時期に役員会する必要なるんやぁ??


21日に向けての練習予定は聞いてないけど

卒園式の練習でホールを使うから、しばらくは使えないかな?

それか、12〜13時ってパターンやったら私的に難しくなって来るけど^^;





明日は先生のお誕生日です024.gif

寝てしまってなければ。。。0時にお祝い055.gif送ろう043.gif


3人からのプレゼント。。喜んで下さればいいけど。





『ゴクセン』が映画化決定!!!


これはめっちゃ嬉しいニュースやん053.gif








   『この空の向こう側』



同じ空を眺めてると・・・近くに感じる貴方の存在


この空の向こうに・・って考えるだけでワクワクしちゃうね


何をしてても どんな時も想ってる


淋しいと感じる夜だけは・・・


いつもより強く貴方を想っているのかも








にゃははぁ〜053.gif


お仕事行く前に即興で短いPOEM描いちゃった037.gif
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2009-03-04 09:22 |

☆POEM☆



        『 あなたと 』




道に迷った子供のように 遠回りして別々の道を歩いてきた


泣きたいのをぐっとこらえて 


きっと出逢えると信じて 前だけを向いて歩いて来た




別々の道はいつの間にかひとつに交わり 同じ道を歩み始めている


何処までも続くこの真っすぐな道を


あなたの手の温もりを感じながら 未来へと歩き続けて行く





もう何処にも行かないで


繋いだその手を離さないで


幼心に夢見ていた淡く儚い恋心




固い絆で結ばれた心が 


今・・・ひとつになり


そして・・・珠玉の輝きを放つ




あなたの声も


あなたの笑顔も


あなたの存在も


すべてが私の勇気に変わる





決して 繋いだその手を離さないで


これからはずっと・・ずっと・・・一緒にいたい
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-11-09 17:48 |

☆POEM☆




           
     『 星になった尾崎 』




淋し気な横顔で いつも遠くを見つめていた

何を考え 何を信じ 何を求めて・・・

うるんだ瞳の中には 希望の光が映り

ずっと夢を追い続けてきた



あなたは力の限り 夢を見失った者に生きる勇気を与え

夢を夢で終わらせない大切さを教えてくれた



わざと元気におどけてみせる笑顔の奥底には

孤独という文字だけが刻まれていた

いつも1人でいろんな事に立ち向かい 自分と戦い続けてきたあなたは

まるで戦いに疲れた戦士のように

1人ぼっちで深い眠りについたのは あの日だった



誰もがその事実を受け止められずに 涙を流した

あなたが見上げていた夜空に光る星たちの数々



すさんだ世の中に あなたの存在の大きさと

暖かいメッセージだけを残して 別の世界へと旅立った

あなたの最後の言葉『放熱への証』を

誰もが忘れることなく 心の中で生き続けるだろう






a0105688_1072635.jpg







*タイトルの”尾崎”ってところは”あなた”って読んで下さいね!!



これは尾崎が亡くなった当時(二十歳くらいやったかな)作った詩なんです。

前に機会があったら紹介したいなぁ〜って言ってたので

今日のブログで尾崎のことを語ったので。。。

これって紹介するタイミングかもって勝手に判断して紹介させて頂きました040.gif
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-05-20 10:00 |

♡POEM♡






   『 あなたという光 』





ひたむきな横顔・・・ 


無邪気な笑顔・・・


おどけてみせる...その仕草のひとつ ひとつが私の心を支配する




あなたが私にくれたもの


それは...前を見てゆっくりと歩いていくこと


どんなに辛くても笑っていられる強さを持つこと


そして...心のやすらぎ




澄んだ水がさらさらと流れゆくように


私の心も・・時間も・・ゆっくり...ゆっくりと流れてゆく




あなたという光に優しく包まれながら


これからも前だけを見て


歩いていきたい・・・
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-05-01 12:02 |

☆POEM☆



     * 空 *





目の前に広がる真っ青な空に何をすべきか問いかけてみる


空は黙って何か言いた気にわたしを見ている


脇目もふらずに走り抜けて来た時間が大空のスクリーンに甦る





客観的に眺めてみても

その中のわたしは笑顔に満ちあふれている

想いが強ければ強いほど

人は流されていく

笑顔の奥の苦悩に涙するより

未来への歓喜に涙を流せれば

どれだけ救われるのか




空はいつでもここにあって

空はいつもわたしを見ている




空のずっと彼方には青空が広がっていても

人の感情が雲を呼び雨を降らせる

空と人との間に感情の渦が流れ込み

そして悲しみの雨を降らせる




空はいつでもここにあって

空はいつもわたしを励ましてくれる





ここに青い空があるだけで・・・幸せなことなんだ
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-03-21 11:50 |

☆POEM☆


   『涙枯れるまで・・・』




どれだけの涙を流せば この悲しみは消え去るのだろう



どれだけの涙を流せば 辛くなくなるのだろう



どれだけの涙を流せば 溢れ出る涙を止められるのだろう



どれだけの涙を流せば 前に進めるのだろう



今の私には何も分からない・・・



何も見えない・・・



この広い宇宙に生かされているこの生命の価値はあるのか



傷つくことよりも 自分自身の存在を否定されたのが辛い



どれだけの涙を流せば 人は優しくなれるのだろう



どれだけの涙を流せば 頑張って生きていけるのだろう



どれだけの涙を流せば 未来で輝けるのだろう




 
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-03-12 13:13 |

どんな空でも・・・



雨が降っている真っ暗な空も・・・



青空が広がる眩しいくらいの明るい空も・・・



いつも同じ場所にあって私に語りかけてくれる




人を見る目を養わなければならない

簡単に人を信用してはいけない

何でも疑ってかかって丁度いい

人は必ず裏切る

それも地位や名誉のある人ほど

そんな人に負けないように中身の詰まった人間にならなければ・・・

薄っぺらい人間はいつかボロが出るから

それに伴って器の大きな人間にもなりたい

どんな逆風にも負けず立ち向かっていけるだけの人に・・・




今日も空は私の上にあって

いろんな表情を見せながら・・・強くなれと語りかけてくれる

非道に屈しないだけの強さを持つように・・・



流れる血潮を見ていると

生きているんだな....と気付かされる

この世界に....生きている

もしかしたら....生かされているのかもしれない
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-03-10 14:51 |

☆POEM☆




    『桜花の下』





この坂道を上ると 満開の桜が咲き乱れ

目の前に広がる色鮮やかな景色が 私を包んでくれる

春の風の悪戯が花びらを一面にしきつめ

瞬きすら忘れてしまう



桜舞い散る季節になると・・・いつもあなたを想う

届かぬ想いと知りながら



私はいま・・・桜花の下で

散り逝く桜の花びらを見つめ

強くなろうと心に決める



私はいま・・・桜花の下で

こみあげる想いを胸に抱き

涙枯れるまで 永久に咲けと祈りつづける
[PR]
by tenkahubu-0724 | 2008-03-07 12:09 |